ASAXの人

  • 佐藤 貴大
  • 杉山 高志
  • 竹田 霞
  • 相馬 菜々子
  • 立元 賢司
  • 三宅 貴史
  • 三浦 裕太
  • 青柳 和也
  • 青木 与典
  • 高橋 耕大
  • 小泉 武士
  • 木原 真弓
  • 甲田 順二
資金プランナー 三浦 裕太 2011年入社 日本大学 法学部 卒 資金プランナー 三浦 裕太 2011年入社 日本大学 法学部 卒

資金プランナー 三浦 裕太 2011年入社 日本大学 法学部 卒

永遠になくならないフィールド

アサックスに入社しようと思ったのは、金融と不動産両方の知識を身につけられることが大きかったです。金融と不動産のフィールドは永遠になくならないと思っているので、その分野に強くなることができる会社であれば、個人としても絶対の自信を持って仕事に取り組むことが出来ると考えました。
金融業界の中でも銀行ではなくアサックスを選んだのは、身につくものに差があるように感じたからです。銀行は同じ融資業務と言ってもシステマチックなイメージがあり、それに比べてアサックスでは人間力を磨く機会も多いように思いました。さらに、金融と不動産の両方に携われる会社は「ここしかない!」と思ってアサックスを志望しました。東証一部上場というブランドも魅力でしたし、少数精鋭で活躍している社員の方々に憧れたのも理由の一つです。

自分なりの戦略

入社1年目は不動産に関する役所関係の調査や、納税状況の調査が中心となります。これは調査業務の基礎中の基礎となるので、徹底的に行いました。少し深い話になりますが、不動産の権利関係と税金の関わり方を理解するのに時間がかかりました。一口に「税金」と言ってもその種類は多岐にわたり、種類によって扱い方が変わるのです。最初はかなり戸惑いました。覚えの良い方ではなかったので周りに迷惑もかけましたが、先輩が親身に指導してくれたのでしっかりと身につけることができました。
最近の業務内容は様々です。もちろん自分の担当案件も持ちますし、営業活動にも積極的に取り組んでいます。営業活動はターゲットの絞り込みからどのようにアプローチするかまで、自分なりの戦略を立ててコツコツやります。自分で考えながら進めることが出来るので、「これはうまくいかなかった」「今度はこうしてみよう」など次へ向けての意欲は尽きません。
ちなみに、営業活動はうまくいくことばかりではありません。正直に言うと、きちんと話を聞いてもらえないこともたくさんあります。しかしそこで終わってしまっては次につながりません。日々コツコツと続ける中で、最近は他愛のない話もできるようなお客様も増えてきました。「この人も最初は全然相手にしてくれなかったのに、今ではこんなに仲良く話してくれるんだな。こういうお客様をたくさん作れるように、また頑張ろう」と思うように心がけています。

一日も早く一人前に

もともと勉強していたのもありますが、入社して実践的に不動産の知識を身につけたことで自信を持っていたので、入社1年目の10月に「宅建」の資格にチャレンジしました。結果、見事合格することができ、目に見える形で自分の実力が証明されたので更なる自信につながりました。しかし不動産は奥が深いので、まだまだ勉強の毎日です。これからは一営業マンとしてだけではなく、上司と後輩のパイプ役も担いながら、一日も早く支店長になれるように頑張っていきたいです。

学生へのメッセージ

大変なときですが、「自分」を持って頑張り続けて下さい。誰しも好き嫌いがあるように自分と合う会社・合わない会社があります。コンプレックスを隠して無理やり合わせようとするのではなく、精一杯アピールしたけれど自分とは合わなかったのならしょうがない、次行こう!くらいの気概で頑張ってください。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

  • 佐藤 貴大
  • 杉山 高志
  • 竹田 霞
  • 相馬 菜々子
  • 立元 賢司
  • 三宅 貴史
  • 三浦 裕太
  • 青柳 和也
  • 青木 与典
  • 高橋 耕大
  • 小泉 武士
  • 木原 真弓
  • 甲田 順二
ページトップへ