ASAXの人

資金プランナー 大野 翔平

資金プランナー

大野 翔平Shohei Ono

2018年入社 國學院大学 経済学部 卒

自らの仕事に誇りを持ち、働いている姿に惹かれた。

当初はメガバンクに入ることだけを考えていました。「やるからには一番を狙いたい」。体育会出身の私にとっては、自然な発想だったと思います。経済学部だったので自然と金融業界に目を向け、「金融業界で一番」だと思ったメガバンクを目指していました。しかし、実際に大手銀行のOB訪問などでお話を伺った方のほとんどが「お金のため」に働くという考えだったことに違和感を持ちました。もちろん、収入は大切なファクターですが、これから何十年と働いていくのなら、お金だけがモチベーションでは仕事を楽しめないと思ったのです。その点、アサックスの先輩社員は真逆の印象でした。「お客様のため」に働く姿勢を大切にしていましたし、仕事にやりがいを持っているのがひしひしと伝わってきました。面接でもしっかり私の目を見て話をしてくれるのが何より嬉しかったですね。こちらが見ている以上に、こちらをきちんと見てくれていると感じることができました。肩書が魅力のメガバンクか、やりがいを持って働くことができるアサックスか。迷いもしましたが、自分自身で納得いくまで考え、決断しました。もう一度就職活動をしたとしても、私はアサックスを選びます。

個人技とチームプレイで、お客様の笑顔を勝ち取る。

アサックスでは、新人でも次々と仕事を任せてもらえます。先輩社員に同行しつつ仕事のイロハを教わっている段階から「意見があれば、どんどん主張して」と言ってもらえたことは、自分の成長に直結していると思います。最初は「一年目の社員が生意気な感じにならないか」と思いましたが、提案すると「じゃあ、やってみよう」と背中を押してもらえる。任されることで「期待に応えたい」という思いも強くなり、背筋も伸びます。緊張もしますが、「これが、求めていた環境だ」と実感する日々です。また、アサックスの資金プランナーは「一顧客一担当制」という責任もやりがいも大きな働き方が特徴です。原則として資金プランナーが申込から融資まで全てのフローを一人で担当しますが、案件によっては他のメンバーと協力して取り組むこともあります。一人でも、チームでも、目指すゴールは同じ。無事にご融資ができて、お客様の笑顔につながった時、大きなやりがいを感じることができます。

学ぶスキルは無限。引き出しが増えていく。

実際に入社して改めて気づいたアサックスの大きな魅力として、同じ案件が一つもないことが挙げられます。「毎日同じことの繰り返し」という他業界に就職した同級生もいますが、様々な融資相談が寄せられるアサックスでは常に自分で考えながら行動することが求められます。しかも、先輩によって、お客様へのアプローチのスタイルは十人十色。冷静に話す先輩もいれば、情熱的な話し方でお客様に寄り添う人もいます。さらに、巧みな質問で相手の話を上手に引き出すタイプも。そこで気づいたのは、会話の合いの手の入れ方や頷き方を工夫するだけでもお客様との距離が縮まり、案件の進み具合も変わってくるということ。そう思うと、学ぶべきスキルは無限にあると感じます。先輩の仕事を間近で見るだけでも、本当に勉強になる。自分の引き出しも増えていくのが分かるから、毎日が刺激的です。今は仕事が楽しくて仕方ありません。

学生へのメッセージ

アサックスとの出会いは、まさに「人」との出会いでした。インターネットで情報がなんでも手に入るようになっても、どんなにAIが圧倒的な存在感を持ったとしても、私にとっては「人」がなによりの財産だと思っています。目を見て話を聞いてくれる。真正面から向き合ってくれる。「人」としての魅力を感じる先輩社員とともに働けることは、皆さんにとっても人生の財産になると思います。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

ページトップへ