ASAXの人

エリア総合職 間藤 琴美

エリア総合職

間藤 琴美Kotomi Mato

2015年入社 法政大学 キャリアデザイン学部 卒

素の自分のまま、活躍できる環境。

就職活動では幅広く様々な業界を視野に入れていました。その中で特に金融業界に興味を持ったのですが、銀行や保険会社など選択肢が多いぶん、「自分に合った会社」を選び抜くのはかなり苦労しました。最終的にアサックスに決めた理由は、若手が活躍するチャンスをどんどん与えてくれること。金融と不動産の知識が身に付き、頑張り次第で評価してもらえる環境があること。そして何より、面接で会った先輩社員達の人柄がアサックスに惹かれた最も大きな理由です。ざっくばらんに話せる方ばかりで、緊張することなく、ありのままの自分で話せたことを覚えています。こんな先輩がいてくれる風通しの良い職場なら、切磋琢磨しながら楽しく働くことができるはず。そう思い、アサックスへの入社を決めました。

相手のこと、優先すべきことを考えて動く。

日頃から常に心がけているのは、相手がやってほしいと思っていることや優先すべきことを自分で考えて行動すること。その日々の積み重ねが、自分を成長させてくれるのだと信じています。実際に私が任されている仕事の中には納税調査や不動産調査といったものがあるのですが、納税調査では各関係機関を回り、お客様の納税状況を確認します。不動産調査では、担保となる不動産の遵法性などを、役所で取得した図面と現地の状況を照らし合わせながら調べていきます。仕事内容を初めて聞いた時は、自分にできるだろうかという不安もありました。でも、いざ担当してみると、自ら調べた内容をもとに「この不動産にどれくらいの価値がつくだろうか」「どういった部分に法的な規制がかかっているのか」などと疑問が湧くことも多く、調べて行く過程に面白さを感じています。さらに、調査のスピードと正確性を上げれば、その分評価算出も早くなり、迅速な融資に繋がります。その結果、お客様からの感謝の言葉を頂けたときは本当に嬉しいですね。

女性が働きやすい会社づくりにも貢献したい。

初めてお客様の面談に同席した時は、まだ金融や不動産の知識が乏しく、「どうすればお役に立てるだろう」と不安もありました。しかし、お客様から「女性の方がいらっしゃると安心します」「気が利く方ですね」とお言葉をいただくことができ、改めてお客様の不安を和らげることも立派な仕事だと実感することができました。その後は、女性ならではの視点も大切にし、常に「お客様にもっと安心してお話しいただけるにはどうすればよいか」と考えるようになり、少しずつ自信も付いていきました。入社から3年経った現在は、女性として仕事もプライベートも輝けるよう心がけています。これからますます女性社員が増えていくなかで、ゆくゆくは先輩社員として子育てしながら気持ちよく働ける職場づくりにも貢献できればと思います。

学生へのメッセージ

アサックスの魅力は、やはり「人」です。風通しがよく、一緒に働く人が男性も女性も素敵な方ばかりなのでモチベーションも上がると思います。社長との距離が近く、話をする機会も多いので会社の考えが直接分かり、皆が同じ方向を向きながら仕事ができるのもアサックスならでは。同じ業界でも企業ごとのカラーがあるので、「明るい会社で働きたい!」という学生の方には楽しい職場だと思います。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

ページトップへ