ASAXの人

島内 瑞季

エリア総合職

島内 瑞季Mizuki Shimauchi

2017年入社 成城大学 法学部 卒

自分自身の価値を見いだせる環境

就職活動では、敢えて大企業は避けていました。大勢の中の一人として働くより、「私だから任せてもらえる」仕事をするほうがやりがいをもって働ける、楽しめるのではと思ったからです。ただ、いくら仕事を任せてもらえる職場だったとしても、経営の不安定な会社では心配です。その点、アサックスは東証一部上場企業で経営も安定していましたし、実際入社してからもそのイメージとのギャップはありませんでした。配属された部署での仕事の一つは、融資保証業務。他の金融機関だけでは取り扱うことができない融資案件でも、アサックスの培ってきた独自のノウハウによって不動産の価値を見出すことでご融資を可能にできるのです。本当に困っているお客様のお役にたてた時の「ありがとう!」の感謝の言葉は心に響きますし、そうした融資を実行できる会社に対しての誇りも生まれます。

1年目の私に、こんなに任せてくれるんだ

他の金融機関や事業会社と提携して新たな商品を開発することが、私の所属する部署のもう一つの業務です。入社してひと月もたたないうちに打ち合わせに同席することになったのですが、正直、最初は知識も何もなく「打ち合わせ内容が理解できない」と焦りました(笑)。しかし、新しい商品がゼロから生まれていく過程は携わっているだけでも面白かったですし、前例のない仕事だからこそ、何を行うにしてもまず自分自身で考える習慣が身につきました。結果、プロジェクトをやり遂げたときの嬉しさはひとしおでしたね。他の会社だったら、このような新商品の開発プロジェクトに関わるには少なくとも数年はかかるのではないでしょうか。さらに嬉しいのは、そんな仕事ぶりを先輩や上司が細かく見てくださっていること。飲み会の席で「頑張ってるね」とか「助かっているよ」など、ちょっとした成長や変化でも褒めていただけるので、励みになります。

毎日の一歩一歩が、進歩になる。

長く働く職場ですから、就職活動では雰囲気や社員同士のつながりは本当に重視しました。面接のときに感じた「私のいいところを見つけようとしてくれている」という感覚は入社後も変わりなく、上司や先輩とは素晴らしい信頼関係が築けていると思います。そして同期はやはりホッとする存在。若手研修などで集まれば、「こんなことがあった」とか本音の話ができるし、同じ目標を持つ同志という感じで元気が出ます。今はまだ勉強する毎日ですが、今後は求められた仕事にプラスアルファを重ねて、業務領域を広げていきたいですね。社員の適性を見て、可能性を広げる仕事をさせてくれるのもアサックスの魅力。金融はもちろん不動産の専門知識も一つひとつ身に着け、いずれは私が企画した新商品を会社に提案したいと思います。

学生へのメッセージ

就職活動では様々な会社に実際に行って、自分の目で耳で確かめてみてください。友達の意見や感想に左右されて、可能性を狭めたらもったいない!「自分に合う企業を見つけられるのは自分だけという信念を強く持って頑張ってください。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

ページトップへ