不動産担保ローンにおける
金利タイプの違いと選び方のポイント

ローンを組んだり融資を受けたりするなら、できるだけ好条件で借りたいものです。 不動産担保ローンの返済額や返済プランを左右する大きなポイントのひとつが「金利タイプ」です。適した金利タイプを選ばないと、当初予定していた返済計画以上の支払いになってしまったりと、後悔することになりかねません。
目先の利率に惑わされず、慎重に検討するためにはどうしたらいいのでしょう?金利タイプの違いと選び方についてまとめました。

変動金利と固定金利の違い

変動金利か固定金利かは、一概にどちらが良いというものではありません。それぞれの特徴は以下のとおりです。

金利タイプ 特徴 メリット デメリット
変動金利 契約に基づき定期的に金利が見直される ・一般的に固定金利よりも金利が低い
・金利が下がれば、返済額も減る
金利が上がれば、返済額も増える(リスクが高い)
固定金利 数年~返済まで金利が変わらない 金利が変わらないため、月々の返済額も変わらない(リスクが低い) 一般的に変動金利よりも金利が高め

固定金利のメリットとデメリット

固定金利のメリットは、なんといっても金利上昇リスクがないこと。返済完了までの返済プランが契約時に確定するため、資金計画が立てやすく、金利上昇リスクを考慮する必要もありません。
デメリットとしては、契約時の金利は変動金利よりも高めであるということと、金利が低下した場合にその恩恵を受けられないという点が挙げられます。

計画的な返済をしたい方には固定金利がおすすめ

固定金利は、長期ローンを検討している事業主様や将来のライフプランを計画的に考えていらっしゃる方におすすめです。金利の上昇リスクを負うことがないため、契約時に立てた返済プランに従って返済を進めることができるからです。

また、資金繰りに余裕が出た場合の繰り上げ返済についても、ローンを選択するポイントになります。繰り上げ返済は、毎月の返済とは異なり、全額が元金に充当されます。
そのため、繰り上げ返済をすることによって利息の支払い総額を軽減させることが出来るのです。

返済プランの違い

アサックスでは、金利上昇リスクがない固定金利タイプの不動産担保ローンを提供しています。
毎月のご返済金額が変わらないため、資金計画が立てやすく、将来の金利上昇リスクを心配せずに長期ローンをご利用いただけます。

また、アサックスでは、毎月ご融資金額の1割までは手数料無料で繰り上げ返済をすることができます。繰り上げ返済の度に手数料はかかりませんので、繰り上げ返済のメリットがより大きくなります。

さらに、追加のご融資や返済計画の見直しにも柔軟に対応可能です。
繰り上げ返済をしたあとで、急に資金が必要になったという場合には、追加のご融資も対応させていただきます。また、手元資金の状態に合わせて柔軟に返済計画を組み直すこともできます。
資金計画で悩む前に、まずはアサックスの資金プランナーにご相談ください。

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込

お申込フォーム
不動産担保ローン・融資の比較・口コミ ページトップへ