金融業界の中のASAX

アサックスはココが違う!!

金融業界とは

金融業界は「中央銀行(日本銀行)」「政府系金融機関」「民間金融機関」の3つに分類されます。「民間金融機関」が就活生のみなさんにも一番身近なのではないでしょうか。民間金融機関には銀行や保険会社、証券会社が含まれます。アサックスは預金業務を行わないためノンバンクに分類されますが、銀行と同じ「民間金融機関」です。

『ノンバンク』を知ろう

簡単に言ってしまえば、融資を行う会社の中で銀行以外の会社のことです。クレジット・信販会社や消費者金融、リース会社などがこのノンバンクにあてはまります。
アサックスは、ノンバンクの中でも、『物』の提供が中心となるリース会社や『消費性資金』の融資が中心となるクレジット・信販会社や消費者金融とは異なり、『事業性資金の融資』を行うファイナンス会社となります。

『不動産ファイナンス』を行う会社との比較

不動産を担保とする融資スタイルは銀行をはじめ他社でも見られるスタイルです。しかし専業としている会社は多くありません。そして、その中でも銀行の子会社や大手グループ会社の1つという位置づけではなく、独立系の不動産ファイナンス専門会社というのは上場企業の中ではアサックスのみです。

さらに、アサックスにしかないもの

不動産を担保にして融資を行うためには、『お客様の与信調査』と『不動産の査定』が欠かせません。この2つを軸に、融資するまでのすべてのプロセスを一人の担当者が行う会社も他にはありません。
1969年創業以来、「金融と不動産両方の知識と経験」、長年培ってきた「独自のノウハウ」こそがアサックスの強さの秘訣となります。

ページトップへ