ASAXの人

エリア総合職 横田 愛弓

エリア総合職

横田 愛弓Ayumi Yokota

2018年入社 獨協大学 法学部 卒

いい意味で、想像と違っていた。

就職活動を始める時は、金融業界と人材業界を中心に探していました。形あるものを売るメーカーの営業より、信頼関係の構築や付加価値を提供する働き方にやりがいを感じていたからです。そうした中で「金融×不動産」という他にはないビジネスモデルを構築しているアサックスと出会い、この会社なら自分自身が大きく成長できると感じました。また東証一部上場企業という安心感も大きかったですね。業歴と業務内容からは「堅い雰囲気」を想像していたのですが、選考が進んでいくといい意味で思っていたものとは違っていました。面接でも「ギャップを無くしたいので、何でも聞いてくださいね」と言われ、本当に思いつくことを全て質問させてもらいました。どんな質問にも真摯に答えてくれる先輩社員の丁寧な対応が、強く印象に残っています。就職を考える上で一緒に働く「人」はとても大切です。こんなにも楽しく自分の素を出せる面接はありませんでしたし、選考が進むにつれて「この人たちと一緒に働きたい」という思いが強くなっていきました。

自ら考え、工夫する力が身につく。

主な業務の中には納税調査や不動産調査、契約書の作成などがあります。字面だけ見ると難しく感じるかもしれませんが、「自分自身で工夫していかに効率よく業務を進めていくことができるか」と考えると、毎日が新鮮で面白いですね。与えられた仕事もただこなすのではなく、工夫することで「自ら考え、行動する力」が身につく職場だと思います。さらに、「横田はどう思う?」と先輩から意見を求められる機会も多く、そこでも考える力が鍛えられます。また、実務では私の作成した資料をもとに先輩がお客様と打ち合わせをしていくのですが、その内容次第でご融資までのスピードも変わってきます。契約が無事に終了し、お客様が笑顔でお帰りになられた時は大きなやりがいを感じますね。加えて、不動産や金融に関する知識は日頃の生活にも生かすことができます。自分の人生にも役立つ貴重な知識が入ってくる点も、この会社で働く大きな魅力だと思います。

女性だから、喜ばれることもある。

新入社員にも早い段階から仕事を任せてもらえるのが、アサックスの特長です。私は入社半年でお客様との契約を一人で行うことに。「こんなに早く私に任せてもらえる」という喜び以上に「本当に私で大丈夫だろうか」という不安な気持ちの方が大きかったことを覚えています。しかし、先輩から「バックアップするから大丈夫。精一杯やってこい」と言葉をかけていただいたおかげで自信が湧き、無事に一人での初契約を済ませることができました。また、「知識や経験の足りない私でお客様が不安にならないだろうか」という心配もしていましたが、お客様から「一生懸命な姿勢に、親近感が湧いた。雰囲気も柔らかくてよかったよ」と言っていただけたことで、私にしかできない仕事の仕方があるのだと気づきました。女性ということもあるかもしれませんが、雰囲気づくりや気遣いもトータルで見ればビジネススキルの一つ。それはアサックスで働く強みになると思います。これからもお客様に必要とされる存在でありたいですね。

学生へのメッセージ

就職活動では情報収集も大切ですが、やはり実際に動いて人に会うことが大切です。様々な会社を見ることができるのも今だけ。職場の「人の良さ」は会って話して感じないと分かりません。最初に希望していた業界でも、そこで働いている社員の方に会うとイメージが変わることもたくさんあります。先輩社員の人柄にふれて、一番自分に合う会社を考え抜いてください。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

ページトップへ