ASAXの人

資金プランナー 竹田 霞 2013年入社 明治学院大学 法学部 卒

資金プランナー

竹田 霞Kasumi Takeda

2013年入社 明治学院大学 法学部 卒

成長に貪欲であればこそ、聞き耳も立てる

アサックスの強みのひとつは、一顧客一担当制です。お客様と一対一で向き合うからこそ有意義な条件交渉が可能になり、迅速な融資にもつながります。それだけに一人ひとりの責任が大きく、緊張感のある仕事になりますが、先輩や上司の熱心なサポートのおかげで入社後早い段階から成果を挙げることができます。
また、先輩や上司のアドバイスは、自分の成長の糧でもあります。アサックスの社員は仕事における自分のスタイルを確立している人が多いため、私には想像もつかなかったアプローチがどんどん出てきます。ある先輩はお客様に真正面からぶつかる。ある先輩はあえて変化球で交わし、お客様の心を掴む。様々な先輩たちのアプローチから「自分に合うものはどれか」と実際に試しながら自分のスタイルを模索しているところです。時には、他部署の先輩が自分の同期社員に対して送っているアドバイスにも聞き耳を立て、貪欲に知識や考え方を吸収しています(笑)。知識を得て、仕事に活かす。いつでも自分の成長を実感できる職場です。

交渉力では、誰にも負けない

アサックスの仕事は、簡単に言うと不動産を活用して融資を行うことです。お客様にとっては馴染みが薄いという方もいるでしょう。初めてのお取引、ましてや融資のこととなると、お客様も最初から腹を割った話ができないのは当然です。まずは、お客様が何を必要としているのか、その融資の先にどんなビジョンをお持ちなのかを丁寧に聞き取ることで、信頼関係を構築します。金融機関の立場で話をすると、お客様によってはかしこまってしまい、表面的な話しか聞けないことがあります。その時は、私は金融機関の立場を一旦取り払い、一個人として話を聞くことを心掛けています。そして、相手の気持ちや考えを丁寧に汲み取り、お客様にとってどんなメリットがあるかを提案する力こそ、私たちの営業力そのものだと考えています。シビアな判断と柔軟な思考を繰り返すことで鍛えられた交渉能力は他社に就職した同年代には負けません。自分の成長を実感できる職場環境は魅力ですし、頑張った分の評価を年次問わず得られることもアサックスのいいところだと思います。

一人の人間として頼られる喜び

ご融資をするのが私たちの仕事ですが、ただお金を貸すのであれば機械にもできること。お客様と良い信頼関係を構築し、ご縁が広がっていった印象深いエピソードをご紹介します。
そのお客様はお取引中も頻繁に連絡をくださる方で、仕事以外の話もざっくばらんにしてくださいました。最近の出来事やその方のお子様の話といったささいな内容です。返済が終了してしばらくたった頃、お客様からいつもと変わらず連絡がきました。それだけでも嬉しいことだったのですが、なんと資金調達先を探している方を紹介してくれたのです。「竹田さんは信頼できる人だから」と口添えしてくださっていたことを後々知りました。お客様と良い関係を築けたからこそだと思います。お金を貸すことだけでなく、ご縁を繋げていくことも私の大事な仕事なのだなととても印象に残っています。

学生へのメッセージ

アサックスでは、若手でも仕事を任され、その結果を公平に評価してくれるからこそ、「次もやってやろう!」と思うことができます。上司に意見をはっきり言える環境ですし、それに対して上司も真剣に聞き、良し悪しをしっかりとした理由を付けて言ってくれます。仕事をしていて心地よい会社であると声を大にして言えます。人の良さ・雰囲気は説明会、面接でも垣間見えると思うので、実際に雰囲気を肌で感じてほしいですね。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

ページトップへ