ASAXの人

  • 佐藤 貴大
  • 杉山 高志
  • 竹田 霞
  • 相馬 菜々子
  • 立元 賢司
  • 三宅 貴史
  • 三浦 裕太
  • 青柳 和也
  • 青木 与典
  • 高橋 耕大
  • 小泉 武士
  • 木原 真弓
  • 甲田 順二
資金プランナー 三宅 貴史 2012年入社 学習院大学 経済学部 卒 資金プランナー 三宅 貴史 2012年入社 学習院大学 経済学部 卒

資金プランナー 三宅 貴史 2012年入社 学習院大学 経済学部 卒

「これは!」と惹かれた想い

アサックスでは「一顧客一担当制」で融資の全プロセスを一貫して担当します。就職活動中にアサックスを発見した時、「これは!」と強く惹かれました。責任は大きいですが、一人で一つの仕事を最初から最後まで担当できるのは大きな魅力です。自分らしさを仕事に反映できると思い、入社を決めました。会社説明会の場でも選考の場でも、採用担当者を始めとした社員の方々と本音ベースで深くコミュニケーションをとれたのが決め手になりました。自分が働く姿をイメージして、わからない点があれば説明会ではもちろん、面接の中でもどんどん質問したので、入社前から会社のことは十分理解し、入社後にギャップを感じることはほとんどありませんでした。
就職活動では企業に対して自分を良く見せようとしたり、見栄を張ってしまうことがあると思います。しかし私は自分を偽らずにありのままの姿でアサックスにぶつかりました。素の自分を評価して採用してくれたという思いがあるので、自分と会社の間でギャップを感じて悩むということもありませんでした。

自分の頭で考えることを徹底する

入社後、最初の仕事は役所や法務局での調査、言ってしまえば資料集めでした。しかし言葉とは裏腹に、ただ集めてくればいいというものではありません。案件によって必要になる資料は異なり、資料によってはその場で担当者から話を聞いて確認しなければならないものもあります。何が必要か、何を聞かなければならないか、先輩から「自分の頭で考える」ということを徹底して教えられました。言われた資料をただ取ってくるだけではプロとは言えません。単純なようですが「これが仕事なんだな、働くということなんだな」と実感しました。調査が甘くやり直しをすることもありますが、マニュアルに頼らず自分の頭で考える場面が多いおかげで、身につけられるものが多いと実感しています。

新しい知識と経験を得ていく

アサックスの良いところは、若手にも仕事をどんどん任せてくれるところです。ミスをしても先輩がしっかりフォローしてくれます。不安はありますが、どんどん挑戦して新しい知識と経験を得ることができるので毎日が充実しています。年齢が近い先輩が多いため、わからないことは気兼ねなく聞くことができる環境も助かります。ちなみに一人暮らしの先輩が多いので、仕事帰りに一緒に食事をしたり飲みに行ったりすることも多いです。そんな風通しの良さも、仕事のしやすさの一つの要因かなと思います。
若手社員のうちは、仕事の半分くらいが上司・先輩の案件の手伝いでしたが今では独り立ちして、入社の決め手になった「一顧客一担当制」を実践しています。

学生へのメッセージ

就活生の99%は企業にも、そして自分にも平気で嘘をつきます。嘘をついての就職活動はその後の自分を苦しめる結果につながるので、自分にも会社にも正直に臨んでください。素直な自分で採用してくれる会社、そして自分が素直に入りたいと思えた会社は、間違いなく自分に向いています。周りにどう思われるかではなく、自分がどう感じるかで就職先を選んでください。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

  • 佐藤 貴大
  • 杉山 高志
  • 竹田 霞
  • 相馬 菜々子
  • 立元 賢司
  • 三宅 貴史
  • 三浦 裕太
  • 青柳 和也
  • 青木 与典
  • 高橋 耕大
  • 小泉 武士
  • 木原 真弓
  • 甲田 順二
ページトップへ