ASAXの人

小島 加奈子

一般職

小島 加奈子Kanako Kojima

2017年入社 桜美林大学 リベラルアーツ学群 卒

「人」の魅力に惹かれて。

会社の雰囲気や社員同士の人間関係の良さは、就職活動で最も重視したポイントです。不動産業界で何社も面接を受けましたが、アサックスの面接は一番印象に残っていますね。堅苦しさは全くなく、真面目な話から趣味の話までざっくばらんに、しかも熱心に話してくださる社員の方々と触れ合って「こんな先輩方と働けるなら」という安心感がありました。また少数精鋭で「一人ひとりをちゃんと見てくれる」ということも大きかったですね。1年目はまだ何もできないとしても、信頼できる先輩に教えていただきながら「自分にしかできない仕事」を身につけられると思いました。実際、忙しい先輩社員の方々の仕事が円滑に回るようなお手伝いができた時はとてもやりがいを感じます。

努力が実を結ぶ社風。

入社してかなり早い段階から仕事を任されるのも、アサックスならでは。現在は入金処理の業務を任されているのですが、扱う金額が大きく、精度とスピードを求められるため、緊張感を持って臨んでいます。また、分からないことをなんでも聞きやすい雰囲気はありがたいですね。先輩は私が分かるまで丁寧に教えてくださいますし、疑問が一つずつ解消されていって、ある時「なるほど!」と全部がつながって理解できたときは嬉しく思います。そうして仕事の流れを把握していくと「先を考える力」も身につくので、成長を実感することができます。自分で考えて、「今まではこうだけど、こう変えてはどうですか」と提案すれば「その方がいいね!」と1年目社員の意見もフラットに受け入れられる社風も魅力です。そして、努力が実を結ぶ職場だからこそ、自分自身の仕事の幅も広がりやすいのだと思います。

仕事も遊びも、充実させる。

私たちの部署では、資金プランナーの方々が商談に使用する資料をつくることもあります。そういったやり取りを通して感じるのは、アサックスの資金プランナーの知識の広さと深さ。一顧客一担当制という強みを活かすことで細かな事情にも精通しており、お客様に対する責任感の強さを感じます。もし、私がお客様の立場だったら、最初から最後まで信頼できる担当者がついてくれる体制に安心感を持つと思いますね。そんな頼れるアサックスの先輩方も、仕事は仕事できっちりやり遂げ、その分休日は仕事を忘れて自分の好きなことに時間を使っています。ちなみに、私自身の休日は自然風景の撮影にハマっているのですが、夢中になれるものがあると楽しいですね。仕事とプライベートのバランスがよいからこそ、そのどちらも充実しているのだと思います。これから入社する皆さんにも、アサックスの自由な雰囲気を感じていただきたいです。

学生へのメッセージ

就職活動では「私は学生時代にこれを頑張った」と自己アピールできるものがなかったのですが、その分改めて自己分析をして「自分が何を大切にしているのか、長所と言えるところはどこなのか」を考える良い機会になりました。そうすることで自分に合う会社を選べるようになるので、「アピールできるものがない」と焦らず、まずは素の自分としっかり向きあってみてください。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

ページトップへ