ASAXの人

資金プランナー 片桐 卓哉

資金プランナー

片桐 卓哉Takuya Katagieri

2018年入社 明治学院大学 法学部 卒

どこよりも成長できるフィールドを求めて。

アサックスに入社を決めた理由は2つのキーワードが強く影響しています。一つ目は「金融と不動産のスペシャリスト」。社会の根幹である二つの分野に精通することができたなら、人材としての価値が高まると考えました。二つ目は「少数精鋭」。先輩社員の仕事ぶりをより間近で見ることが出来るだろうし、指導していただける機会も多いはず。一人前のプロフェッショナルとして、一日でも早く活躍したいと考えていた自分にとって、アサックスはベストな環境なのではないか、と強いインパクトを感じたのを覚えています。そして、最後の一押しはアサックスの「人」でした。面接で先輩社員の熱い人柄に触れ、「この会社で、この人たちと共に働きたい!お互い切磋琢磨しながら成長していきたい!」と強く思えたことから、アサックスに決めました。面接で感じた先輩方の情熱、それでいて何でも話しやすい雰囲気は、入社後もギャップを感じることはありませんでした。

誰よりも成長したいから、誰よりも努力する。

入社後は、まさに勉強三昧。金融と不動産の二つの分野の知識を同時に頭に叩き込んでいきました。正直にいうと、予習や復習の時間を十分に取ることができず、「これくらいでいいか」と怠けてしまった時期もあります。しかも、そのタイミングで仕事のミスが続いてしまったのです。今思うと、知らず知らずのうちに「これくらいで大丈夫。あとは先輩に任せよう」という甘えが出ていたのだと思います。「このままではダメだ」と、自分の行動を見直し、物事の優先順位のつけ方、効率的な時間の使い方など、自分自身をマネジメントする大切さを実感するきっかけとなりました。日々の努力を重ねた者とそうでない者の間に、1年後にどれくらいの差がつくか。「誰よりも成長したいなら、自発的に努力しなければ結果は出ないんだ」と気づけたことが、この会社に入って最も成長したと思える点かもしれません。学生時代の自分からは考えられないくらい勉強しているし、毎日が充実している。大変だからこそ、成長を実感できるのだと思います。

目の前のお客様を笑顔に、そして日本を笑顔に。

アサックスで働く魅力の一つは、早い段階で実務経験を積めるところです。今までの仕事の中で印象に残っているのは、急ぎの資金を必要としているお客様を担当させていただいた時のこと。当時私は先輩のサポートがメインでしたが、一週間という短期間で融資を実現したスピード感のある案件でした。先輩社員の提案の速さと的確さを間近で見ることができ、今後自分がどういう能力を身につけていくべきか、具体的なビジョンが見えたことは私にとっての収穫です。また、お客様からも「銀行では間に合わなかった。今回は無理を聞いてくれてありがとう」と感謝の言葉をいただけたことが、仕事に大きなやりがいを持つきっかけになりました。お客様が笑顔になるということは、ひいては街に笑顔の人が増えるということ。自分たちの仕事は、単なる金融に留まらず、日本を明るくする仕事でもあると思えるようになったのです。知識や経験はまだまだ不足していますが、様々な案件に積極的に関わっていき、自分の実力を高めることが目下のミッション。数多くの仕事を通じて、お客様に満足を与えられる金融と不動産のプロフェッショナルを目指したいと思います。

学生へのメッセージ

金融と不動産、どちらも責任が大きく難しい仕事です。その二つが高いレベルで求められるアサックスの仕事も、もちろん簡単ではありません。それだけに、人よりも多くのことを学びたい、成長したいという上昇志向を持っている方には向いていると思います。若いうちから知識、経験を積める環境にいた方が早く一人前になれますし、一人前になると仕事が楽しくなる。仕事をした結果、人が、街が、日本が明るくなる。そうした好循環をつくることができる会社だと思います。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

ページトップへ