ASAXの人

藤田 みかさ 藤田 みかさ

エリア総合職

藤田 みかさMikasa Fujita

2017年入社 専修大学 経営学部 卒

社員同士の雰囲気の良さ

就職活動では金融・不動産業界に絞り、職場の人間関係の良さを軸に会社を探していました。どんなに自分の好きな仕事に就けたとしても、周囲の方々とうまくやっていけなければ意味がないと思ったからです。面接の際、そうした思いを正直に人事に打ち明けたところ、「同じような考え方の社員が多いから、合っていると思うよ」と言っていただき、興味が湧きました。選考中に出会った他の先輩社員も口を揃えて「風通しのいい会社だよ」と言ってくださり、自信を持って入社を決めることができました。実際、入社後のギャップは一切なし。さらに、お互いが切磋琢磨し、高めあっているからこそ生まれる雰囲気の良さだと気付きました。1年目から先輩とともにお客様のもとへ同行させていただくなど、仕事のやりがいは大きいですね。たとえ経験が浅くても、お客様との信頼関係を築くためにできることはたくさんあります。たとえば、初めてご融資の相談に来た女性のお客様の不安を取り除いたり、会話の緩衝材になったり、女性だからこそできる役割もあるのです。決して知識だけではない、というアサックスの仕事の醍醐味に触れた気がします。

“自分で考える力”が育つ

アサックスの大きな特長のひとつは一顧客一担当制であること。責任も大きいですが、それぞれが自分のスタイルを持って仕事にあたり、成果を出せることは充実感につながると思います。経験を積むうえでも、お申込からご融資までの流れを追えることは大きなメリットです。全体の業務が整理しやすく、1年目でも「作業だけを任されている」という感覚はありません。もちろん、わからないことは先輩が教えてくださいますし、「なぜ、これが必要で、こういう調査をしているのか」という理由も添えてくださるので、「だったら、次は…」と自分で考える力が育っていきます。さらに、質問のタイミングを逃したり、自分の仕事が手一杯で聞きそびれたりしたときは、1〜2年目社員を対象とした若手研修を活用。ざっくばらんになんでも話せる雰囲気の中、日頃の疑問や悩みを解消することができます。

その先のフィールドへ

一人のお客様のお申込みからご契約まで同席させていただく機会が訪れたのは、入社2ヶ月が経った頃。それまではまだ点と点でしかなかった知識が線になり、「お客様のお役にたてた!」と実感できた瞬間は嬉しかったですね。しかし、アサックスにとって、契約はゴールではなく、スタート。お客様とのコミュニケーションがますます大切になっていきます。時にはふらりと「お元気ですか?」とご挨拶に伺うこともありますし、ご一緒に返済計画を見直すというビジネスパートナーとしての役割も求められます。こうしたお客様との長い付き合いも、アサックスの仕事の面白みではないでしょうか。今後は金融や不動産の知識をもっと吸収し、より的確なご提案ができればと思っています。自分が成長するための土壌は整っている会社です。周りの社員の志や仕事へのモチベーションにも刺激を受けながら、その先のフィールドへ、成長し続けていきたいと思います。

学生へのメッセージ

仕事内容はもちろん、総合的な人間力の高さがアサックスの社員の魅力だと感じます。そのような人たちと一緒に仕事をすることで、また、プライベートでも交流を重ねることで、業務内容以外の様々なものを吸収できると思います。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

ページトップへ