ASAXの人

  • 佐藤 貴大
  • 杉山 高志
  • 竹田 霞
  • 相馬 菜々子
  • 立元 賢司
  • 三宅 貴史
  • 三浦 裕太
  • 青柳 和也
  • 青木 与典
  • 高橋 耕大
  • 小泉 武士
  • 木原 真弓
  • 甲田 順二
船橋支店 支店長 青木 与典 2008年入社 中央大学 経済学部 卒 船橋支店 支店長 青木 与典 2008年入社 中央大学 経済学部 卒

船橋支店 支店長 青木 与典 2008年入社 中央大学 経済学部 卒

チャンスと貢献

入社を決めたきっかけは、説明会で登場した社員の雰囲気が良かったことですね。ある金融系の会社説明会は正直言って退屈に感じましたが、アサックスの会社説明会はとてもおもしろく、強く印象に残りました。また、それほど社員数の多い会社ではないので、頑張れば若手にもチャンスがたくさんあるのではないかと思い入社を決めました。
入社後は覚えることが本当に多く、自分はついていけるのか不安に感じることもあったので、最初の契約を決めた時の喜びは忘れられません。当時の上司から引き継いだお客様からの紹介案件でしたが、先輩社員にフォローしてもらいながら、初めて自分で融資を実行しました。営業マンとして、チームや会社に貢献できたことがとてもうれしかったです。

仕事のむずかしさと目標

アサックスの仕事の大変さは、一つとして同じ案件がないことですね。入ってくる案件は一つひとつ全てが異なり、自分の思い通りに行かないこともあります。何よりもお客様に信頼してもらうことの難しさをいつも痛感します。でも、お客様に感謝された時や、「青木さんのおかげで助かった」と言っていただいた時は、この仕事をしていてよかったなと素直に思います。
社内の雰囲気も良く、同じ職場のメンバーは明るくてお酒が好きだったり、真面目でこつこつと努力のできる人だったり、色々な人がいて楽しいです。会社全体として風通しがよく、支店長となった今でも「見習いたい」と思える目標となる責任者がたくさんいることがうれしいです。
当面の目標は、任されている支店でしっかり結果を残すこと、そして、部下の育成にも力を注ぐことですね。

自分が成長したところ

仕事に対する考え方と、自分の給料に対する考え方が変ったところです。営業としての自覚が生まれてから、仕事は与えられるものではなく作るもの、そして給料は自分が仕事をした結果、会社に貢献して利益を出すことへの対価だと考えるようになりました。単純に知識やスキルが身につくだけではなく、考え方一つをとってみても、仕事が自分を成長させてくれていると感じます。

学生へのメッセージ

自分を成長させてくれるアサックスに感謝しているので、自分は入社して本当に良かったと思っています。入ってよかったと思える会社と出会えるように、学生のみなさんもがんばってください。

※取材記事の役職や所属部署は取材当時のもので現在とは異なる場合もございます

  • 佐藤 貴大
  • 杉山 高志
  • 竹田 霞
  • 相馬 菜々子
  • 立元 賢司
  • 三宅 貴史
  • 三浦 裕太
  • 青柳 和也
  • 青木 与典
  • 高橋 耕大
  • 小泉 武士
  • 木原 真弓
  • 甲田 順二
ページトップへ