社風

アサックスに入社を決めた理由は?

グラフ:アサックスに入社を決めた理由は?
1位:社員の人柄・雰囲気
会社説明会や選考の過程で会った社員の人柄が良かった、社員同士の仲の良さそうな雰囲気が感じられた。そして、入社した後もその感じは変わりませんでした、という意見が大半を占めています。社員に魅力があるからこそ、また新たに魅力のある社員が増えていく。アサックスの一番の魅力が「社員」と言われる所以です。
2位:責任の大きな仕事を任せてもらえる
誰しも「やるからには責任の大きな仕事にチャレンジしたい」という思いを抱いているもの。【資金プランナーの仕事】でも説明したとおり、アサックスが導入している「一顧客一担当制」は、若手の内から責任のある仕事ができる制度です。チャレンジ精神のある学生の方には大きな魅力です。
3位:事業内容
不動産ファイナンスは金融だけでも不動産だけでもなく、金融と不動産両方に関わることができます。それ故、独自のノウハウが長年蓄積され、中小企業や個人事業主といった、銀行ではアプローチしづらい経営者層への融資ができることもアサックスの魅力の1つです。

入社後に実感したことは?

入社後に感じたイメージは?
1位:若手が活躍できる環境がある
アサックスでは一人前の資金プランナーになるまで、およそ3年かけて育てる方針があります。
新入社員研修から始まり、先輩や上司とのOJT研修、階層別研修など、じっくりと時間をかけて確実にステップアップしていきます。もちろん一人でできることはどんどん任せてもらえますし、時には少し高いハードルにもチャレンジさせてもらえます。
「主体性をもって行動することがその人を成長させる」と会社が考えているからこそ、若手であっても活躍できる環境が整えられていると感じます。
2位:仕事内容が幅広く奥深い
金融も不動産も必要とされる知識やスキルは幅広く、年次を重ねるほど仕事に奥深さを感じます。それ故に「金融と不動産」のプロフェッショナルとして成長している自分を実感できます。
3位:責任のある仕事が自分を育てる
高額な融資を一人で担当するからこそ、責任感を持って臨む姿勢が求められます。些細なミスでもお客様や会社に対しリスクをもたらす場合があるからです。若手の内から責任のある仕事ができるからこそ、一人ひとりの成長も早く、「自分という付加価値」を身に付けることが出来ます。

職場の雰囲気は?

年齢が近い人が多いから、遠慮せずに何でも言える。何でも相談できる。風通しの良い環境です。ただし、その仲の良さは馴れ合いではなく、良い緊張感のある職場です。

そうして全力で仕事に取り組んだ後は、全力で遊びます。好きな人同志が集まり、休みの日にはフットサルやゴルフなどで盛り上がることもしばしば。社内行事としてBBQ大会や社員旅行もあります。

オンとオフをしっかりと切り替えメリハリを持っているからこそ、
しっかりと集中してまた仕事に取り組むことができるのです。

ページトップへ