企業行動憲章

はじめに

アサックスは、法令遵守はもとより社会規範や倫理に則った企業活動を通して社会から信頼・支持され、将来にわたり成長する企業であり続けるために全ての役員と従業員が遵守すべき「企業行動憲章」を制定いたしました。 憲章の内容は次のとおりです。

1.企業活動の基本的姿勢

アサックスは、会社創業以来の経営理念である「お客様第一主義」を基本とし、常に公正・中立の立場に立ち、質の高いサービスを提供することにより、豊かな社会づくりに貢献する企業を目指します。

2.法令・社会規範の遵守

国内外の法令、その他の社会的規範を遵守し、公正、透明、自由な競争ならびに適正な企業活動を行うとともに、信頼性の高い財務報告の実施、内部管理態勢の確立整備、社員教育の徹底を図ります。

3.情報開示

株主・顧客・従業員はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、積極的かつ公正に企業情報の開示に努め、開かれた企業を目指します。

4.情報管理の徹底と機密保持

個人情報その他業務上知り得た情報の適切な管理・保護に努めるとともに、企業秘密の漏洩防止や不正アクセスの防止など情報の管理を徹底します。

5.環境問題への対応

環境問題への取り組みは、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的に行動するよう努めます。

6.社会貢献

「良き企業市民」として、自主的に社会貢献活動を行います。

7.職場環境

従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現するように努めます。

8.反社会的勢力との対決

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決します。

9.企業倫理の徹底

経営トップは、本憲章の精神が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内に徹底させます。また、社内外の声を常時把握し、実効ある社内体制の整備を行うとともに、企業倫理の徹底を図ります。

10.問題解決

本憲章に反するような事態が発生したときには、経営トップ自らが問題にあたる姿勢を社内外に明らかにし、原因究明と再発防止に努めます。また、社会に対する迅速かつ的確な情報開示と説明責任を遂行いたします。

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込

お申込フォーム
企業行動憲章 ページトップへ