融資・借り入れ事例
外国籍で不動産担保ローンを借入できた事例
お客様のご職業

個人事業主(飲食店経営)

種別

法人・事業者向け不動産担保ローン

担保不動産

母が所有する自宅の土地建物

担保借入先

お支払い状況

お客様のご要望

  • 自分も家族も外国籍(特別永住者)で、亡父の代から飲食店を経営。
  • 店舗が老朽化してきたため、内装工事費として1,000万円の借入を行いたい。
  • 不動産所有者の母から担保提供の承諾を得て地元の信用金庫へ申込に行ったところ、外国籍を理由に良い返事がもらえなかった。
  • 外国籍であっても取り組んでくれる金融機関を探している。

アサックスからの ご提案・解決策

1確定申告書の売上推移と今後の事業計画から、ご返済は問題ないと判断。

2必要とされていた1,000万円をお申込から3営業日後にご融資。

3店舗改装後、客足が戻るまでの間は支払いを抑えたいというご要望があり、利息のみのお支払いをベースとし、毎月借入額の一割までは自由に元金償還ができるオプションをつけてお取引となった。

その他のご融資例

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込・ご相談

お申込・ご相談フォーム
外国籍で不動産担保ローンを借入できた事例 ページトップへ