債権回収会社(サービサー)債務を抱えている

抱えていた問題

現在はビル2棟を保有する不動産賃貸業を行っている個人事業者X氏。
昔は夫と二人三脚で飲食業を行い、景気の上昇気流の影響もあって、銀行に勧められてビルをいくつか購入。
その後景気が後退し、飲食業を廃業することとなったため、借入の整理を行うこととなり、保有していたビルを売却した結果、現在のビル2棟が残っている。その過程で、借入先金融機関の破綻に伴い、債務がサービサーに譲渡され、返済を続けている。また、5年前に夫が他界し、妻であるX氏が全てを相続している。
この度、サービサーより一括返済期限が到来する為、一括返済するよう求められた。そもそもの借入が、当初支払金額が低く設定されたテールヘビー型であったため、一括返済するには借換若しくは売却するしか方法が無い。
市中金融機関に打診したが、サービサーの借換は難しいとの回答。
顧問税理士に相談した結果、①サービサーの借換でも問題なく取組み可能なこと②長期で返済プランを組めること、がポイントなので、独立系金融機関を探す方針となる。

アサックスがご提案したソリューション

サービサーの借換自体は全く問題ないため、前向きに進めさせていただく。
長期返済を前提にして他金融機関に打診した時に、子供の連帯保証を求められたらしく、X氏としてはできればそれはしたくないとの意向。当社は、X氏が今までずっとサービサーに返済を続けていた実績から、連帯保証までは不要と判断。
現在の賃料収入・空室になった時の再募集想定賃料・空室リスクを総合的に考慮し、無理のない返済金額をご提案。
長期返済プランにてご融資実行。

アフターストーリー

ご融資~1年後:当初懸念材料でもあった、テナント退去が2件立て続けに発生。5か月後に埋まる。返済プラン自体が、ある程度空室になった場合でも問題なく返済ができるように設計してあったので、問題なし。
1年後~2年後:1Fテナントの飲食店が退去。保証金返還の為に、つなぎ資金にてご融資実行。3ヶ月後にテナントが決定し、新たに保証金を預けられ、つなぎ資金のご返済。また、その後のご返済は全く問題なし。
3年後、当社への返済実績から、家賃管理口座を開設している金融機関から借入され、卒業された。
前のページへ戻る

関連する事例

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

この事例のページトップへ