不動産担保ローン用語集

容積率 [ようせきりつ]

容積率とは、土地に対して定められている建築制限のひとつです。これは、当該の土地に建てることが許される建築物の延べ床面積を示すもので、100平方メートルの土地の容積率が200%であった場合、その土地には、最大200平方メートルまでの延べ床面積の建物が建てられるということになります。
容積率には、都市計画法によって定められた「指定容積率」と、建築基準法によって定められた「道路幅員による容積率」があります。建築物は、双方の数値のうち、少ないほうに合わせて建築しなくてはなりません。

  • 指定容積率は、用途地域によって異なり、各自治体の都市計画課などで調べることができます。
  • 道路幅員による容積率は、当該の土地の前面の道路幅と用途地域を基に計算することで求められるものです。
    前面道路幅員が12メートル未満の土地に適用され、原則として住居系の用途地域では道路幅員×0.4、その他の地域では道路幅員×0.6で求められます。

    例)指定容積率200%の住居地域でも前面道路が4メートルの場合は、道路幅員による容積率160%が実際に建てられる最大の延べ床面積となります。 ※4(m)×0.4×100=160(%)が道路幅員による容積率。

    また、建築物に地階や車庫がある場合や、前面道路幅員が6メートル以上かつ敷地の近くに幅員15メートル以上の広い道路(特定道路)がある場合など、容積率の緩和が受けられる規定も存在します。

たとえ同じ面積の土地であっても、容積率の違いで、そこに建てられる建物の大きさは異なります。それ故、 容積率は地価にも影響を与える重要な要素となっています。

用語集一覧へ戻る

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込・ご相談

お申込・ご相談フォーム
共有名義・共有持分 ページトップへ