不動産担保ローン用語集

登録免許税 [とうろくめんきょぜい]

不動産登記を行う際に課される税金の一種。不動産を取得した際や抵当権を設定する際には不動産登記が必要になり、その際に発生します。所有権の保存登記、売買による所有権の移転など種類により税率がことなり、また抵当権の場合は税率が一定であっても債権額によって登録免許税の額は変わります。不動産登記については司法書士に依頼するケースが多いのですが、司法書士のご手配も当社にご相談ください。

用語集一覧へ戻る

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込

お申込フォーム
登録免許税 ページトップへ