不動産担保ローン用語集

抵当権 [ていとうけん]

抵当権とは、債務の担保に供した物について他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を言い、民法で定められた権利です。
身近な例では、不動産を購入する際に住宅ローンを借入れする場合や、事業者の方が事業資金等の借入れをする場合など、金融機関から融資を受ける際に不動産に抵当権が設定されるケースが挙げられます。
抵当権は法務局にて登記され、登記簿に記載されます。抵当権が設定されても、所有者はその不動産を使用することや不動産が生む収益を得ること(使用・収益)が出来ます。また、自己所有の不動産でなくても、ご親族など所有者の方の承諾があれば、金融機関は担保として提供を受けることもできます。
アサックスは不動産担保ローンを専門に取り扱う金融機関ですので、土地・一戸建て、マンションはもちろん、賃貸アパート、商業ビル、借地、底地といった幅広い不動産をお取り扱いしております。

用語集一覧へ戻る

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込

お申込フォーム
抵当権 ページトップへ