不動産担保ローン用語集

相続税 [そうぞくぜい]

相続税とは、遺産相続の際にかかる税金のことです。このとき、全ての遺産額に対して課税されるわけではありません。課税されるのは、相続時精算課税の適用を受ける贈与財産と遺産総額の合計から、生命保険や死亡退職金などの「非課税財産」と、「葬式費用」、「債務」などを引いた遺産額に、相続開始前3年以内の贈与財産を加えた「正味の遺産額」になります。相続税の金額は、この正味の遺産額をベースに、以下の計算によって求められます。

1. 正味の遺産額から基礎控除を引く

正味の遺産額から、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」を基礎控除として引きます。法定相続人は、配偶者、直系卑属(子)、直系尊属(両親)、兄弟姉妹となっており、上から2番目の方までが該当します。

2. 法定相続分によって遺産を按分する

法定相続分は、被相続人との続柄によって異なります。例えば、相続人が配偶者と子の場合は、配偶者が2分の1、子全員で2分の1を按分します。

3. 按分された遺産に10~55%の税率をかける

按分された遺産に対して、相続税がかかります。相続税の税率は、相続する遺産額によって10~55%となっており、それぞれ基礎控除に加えて別途控除額が定められています(10%の場合は別途控除なし)。

なお、相続税は、被相続人が亡くなった日の翌日から10ヵ月以内に申告・納税しなければいけません。また、不動産を相続した場合も現金で納税する必要があり、原則物納は認められていません。

不動産の相続に関しては相続人の一人が代表して相続することが多いものの、税金だけでなく他の相続人への代償金の支払いが発生したりと、想像以上にお金が必要となるケースがあります。アサックスでは相続が関係する融資事例も多数実績があり、専属担当者がお客様の様々なご相談に対応が可能です。

用語集一覧へ戻る

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込・ご相談

お申込・ご相談フォーム
底地 ページトップへ