不動産担保ローン用語集

債務超過 [さいむちょうか]

債務超過とは、純資産がマイナスとなっている状態を指します。

企業活動を続けていると、貸借対照表上の純資産と負債は増減します。たとえ負債が増加したとしても、しっかりと毎年当期純利益を出していれば純資産も増加していくため、例えば純資産が負債を大きく上回っている企業は健全な経営状態にあると考えられます。一方、当期純利益がマイナスであれば純資産も減少していくため、負債に対して純資産が少ない企業は、経営状態が悪化していると考えられます。 仮に経営が悪化している状態が続くと、純資産がマイナスの状態になることがあり、この状態を債務超過と呼びます。

債務超過であったとしても、不渡りを出さなければ倒産することはなく、立ち上げ当初の法人などでは債務超過の状態になることも珍しいことではありません。ただ、債務超過のデメリットとは何かと言えば、銀行からの資金調達が難しくなることです。
債務超過とは、「持っている資産のすべてを現金化したとしても、負債を全額返済することができない」ということなので、銀行から融資を受けるのは非常に困難です。

アサックスでは、決算書上の数字だけではなく、今後の事業計画や返済能力、不動産の担保価値も加味した上で審査を行っております。債務超過の状態であってもご融資させて頂いた不動産担保ローンの事例もございます。経営状況の改善に向けた資金調達をお考えでしたら、是非アサックスにご相談ください。

用語集一覧へ戻る

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込・ご相談

お申込・ご相談フォーム
底地 ページトップへ