不動産担保ローン用語集

総量規制とは [そうりょうきせい]

「総量規制」とは、貸金業法により個人が借入できる金額の総額に上限を設けた規制を言い、原則として、個人の借入総額は年収等の3分の1までに制限されました。
貸金業法によるこの規制の目的は、貸金業者による返済能力を超えた過度な融資を制限することで、個人債務者が多重債務に陥り返済不能になることを防ぐためのものです。なお、この借入総額には銀行からの借入は含めず、あくまで貸金業者からの借入が対象となります。
一方、総量規制には「除外」あるいは「例外」となる貸付があります。
除外貸付とは、貸金業者からの借入であっても、そもそも総量規制の対象とはならない貸付です。また、例外貸付は、除外貸付とは異なり、貸付の残高としては算入するものの、年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済能力があるかを判断したうえで例外的に貸付が出来るものです。

個人のお客様の借入が総量規制に該当するか否かについては、お客様ご自身では判断が難しい場合がございます。まずはお気軽に、アサックスの資金プランナーにご相談下さい。

※以下に除外貸付・例外貸付の対象となる主な資金使途を記載しますので、ご参照下さい。

除外貸付

  • 不動産の建設・購入、または不動産の改良に必要な資金の貸付け
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

例外貸付

  • 個人顧客に一方的有利となる借換え
  • 個人顧客の借入残高を段階的に低減させる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 新規事業に必要な資金の貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
用語集一覧へ戻る

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込・ご相談

お申込・ご相談フォーム
底地 ページトップへ