不動産担保ローン用語集

連帯保証人 [れんたいほしょうにん]

連帯保証人とは、主たる債務者と連帯して債務を負担することを約束した保証人のこと。主たる債務者が返済をしない場合、債権者は連帯保証人へ直接請求することが出来ます。
「保証人」と「連帯保証人」の大きな違いは、以下の点です

催告の抗弁権がない
主たる債務者が返済をせず、債権者から連帯保証人が直接請求を受けた場合に、連帯保証人は「まずは主たる債務者へ請求して」と言うことが出来ません。
検索の抗弁権がない
主たる債務者が返済をせず、債権者から連帯保証人が直接請求を受けた場合に、連帯保証人は「まずは主たる債務者の財産から執行して」と要求(催告)することが出来ません。
分別の利益がない
主たる債務者が返済をせず、債権者から連帯保証人が直接請求を受けた場合に、連帯保証人は複数いる場合でも、頭割りではなく全額を返済しなければなりません。

融資を受ける際に連帯保証人を必要とするかは、各々の金融機関の審査基準に因ります。
アサックスでは、連帯保証人は原則不要ですが、お客様の状況によりお願いするケースがございます。特にご高齢者の方のお申し込みの場合や、不動産の所有者がお申込み者以外の場合にはお願いする場合がございます。

用語集一覧へ戻る

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込

お申込フォーム
連帯保証人 ページトップへ