不動産担保ローン用語集

根抵当権 [ねていとうけん]

抵当権の一種。根抵当権に対していわゆる抵当権は「普通抵当」と表現して区別することもある。普通抵当が特定の債権を担保することに対して、根抵当権では設定した極度額の範囲内で担保します。また、抵当権は担保している債務を全額返済[完済]すると消滅しますが、根抵当権は消滅しません[債務が残るわけではありません]。したがって複数の取引を行う場合、抵当権の場合はその都度担保設定をするため登録免許税等の費用が複数回発生します。一方で根抵当権の場合であれば、担保設定は一度で済むため、登記に関して余計な費用が発生することはありません。[極度額の範囲内での取引の場合]

用語集一覧へ戻る

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込

お申込フォーム
根抵当権 ページトップへ