0120-66-5555

平日:8時~20時
土曜:9時~17時

相談/申込

店舗案内

不動産担保ローン用語集

建蔽率 [けんぺいりつ]

土地に対して定められている建築制限のひとつです。当該土地上に建築できる建築面積の割合を示したもので、100平方メートルの土地の建蔽率が60%であった場合、その土地には、建築面積60平方メートルまでの建物が建てられることになります。
場所により規制は異なりますが、各自治体の都市計画課などで調べることができます。
また、建蔽率が建築面積を定めているのに対し、建築の規模(延べ床面積)を定めているのが容積率です。
主にこの2つの規制をかけることによって、自治体が街づくりの方針を定めています。

関連用語リンク

指定されている「建蔽率」・「容積率」を超過して建物を建築した場合、いわゆる「違法建築物」という扱いとなり、一般の金融機関では融資の対象から除外されます。 アサックスでは建蔽率・容積率を超過した不動産であってもお取扱いの実績がございますので、お取扱いの可否につきましては担当者までお気軽にお問い合わせください。

用語集一覧へ戻る

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込・ご相談

お申込・ご相談フォーム

受付時間
<平日> 8:00~20:00<土曜> 9:00~17:00

共有名義・共有持分 ページトップへ