不動産担保ローン用語集

運転資金 [うんてんしきん]

運転資金とは、事業を行っていく上での「血液」のような性質を持つ資金です。例えば、仕入れ~販売~入金までの流れで考えてみましょう。

下記の図を見て頂くと、仕入れや販売に関係する費用が発生してから、商品が売れるまでにタイムラグがあります。商品が売れるのを待っていては事業活動が滞ってしまうため、ストックしている運転資金で必要な費用を支払っておき、代金の受領をもって次回の仕入れを行うという形です。

実際にはこれほど単純ではありませんが、運転資金はこのようにキャッシュフローのズレを解決するための資金です。事業が好調であれば、仕入れる在庫の量も増えるため、より多くの運転資金を手元に用意しておく必要が出てきます。一方で「いつ入金があるか」が、ある程度はっきりしていないと銀行等から運転資金として融資を受けるのは難しい、という面があります。

    手元資金
仕入れ 代金の支払い、在庫の増加 減少↓
販売 人件費、店舗の賃料等の諸経費の発生 減少↓
入金 商品売却、代金の受領、在庫の減少 増加↑↑↑

下記のような資金繰りのお悩みがございましたら、是非アサックスにご相談ください!

  • 予定していた入金が遅れ、急ぎで資金調達が必要になった。
  • 一時的な赤字の補填、業績が上向きになるまでの当面の運転資金が必要。
  • 必要なとき柔軟に資金調達できる金融機関を探している。

アサックスの不動産担保ローンは、最大10億円、資金使途自由、申込から最短3日でご融資が可能です!審査は過去の実績だけではなく、事業の将来性や担保不動産の価値も加味して行っております。

法人・個人事業主の方の、資金繰りのお悩みを最適なご提案で解決!ご融資例も多数ございますので、是非お問い合わせください。

用語集一覧へ戻る

お申込・ご相談

お電話でのお申込・ご相談

0120-66-5555

WEBでのお申込・ご相談

お申込・ご相談フォーム
印紙税